FX初心者が資産を形成・運用していく為の今井雅人流FX入門・始め方と口座比較

はじめに

UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)元チーフ・ディーラーであり現役時代は15年間常勝の記録を持ち、伝説のトレーダーと呼ばれた今井雅人

今井雅人

衆議院議員として活躍する現在も「ザイFX!」においてコラムを連載しつつ有料メルマガも発行、あるFXトレードコンテストでは2位に入るなど、FX業界においてはもはやカリスマ的存在となっています。

 

その今井雅人が、入門者〜初心者の方のために、独自のFXの始め方・やり方からFXの知識、手法、チャート問題集からなる過去の5冊の書籍を2019〜2020年現在の内容に更新し、無料で公開していきます!!

 

FX会社の比較口座開設の手法、FXから株式までトレード全般に通じる相場に立ち向かうための精神論15年間無敗だったプロによるFXや経済の知識やトレード手法、そしてチャート問題集まで10章以上に及ぶ大作です!!

2020年1月版FX入門〜初心者おすすめ厳選8社口座徹底比較

ここではFX入門・始め方の一環として、「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」推薦のFX会社について比較していきます。

 

FX口座開設の上で重要なポイントを列挙し、ポイント毎に各社を比較することで、判断しやすいように構成されています。

 

ご自分の投資方法に合ったFX会社の口座を複数開設することをおすすめいたします。

 

なお、スリッページ約定率は矢野経済研究所が実施した約定率・スリップページ発生率調査の結果や口コミ、システム安定性はISO/IEC規格、サポート体制はHDI-Japan主催の問い合わせ窓口/Webサポート格付け調査」などや口コミを基に独自に算出したものとなります。

 

今井雅人が重視するFX会社の比較・選択の6ポイント

このページでは今井先生のアドバイスや先生の5冊の著書を基に「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」独自の手法でFX入門〜初心者におすすめの8社の長所も短所も洗いざらい、徹底的に比較しています!

 

今井先生が特に重視している口座の比較・選択・開設のためのポイントは以下の6つです。

 

1. 実際のスプレッド、つまりスリッページを含めたスプレッド

2. スプレッドなどの手数料

3. システムの安定性

4. 元プロの為替(FX)トレーダーによる市況解説などの情報の質と量

5. 電話などによるサポート体制

6. スワップポイント

 

このうち一番重視されているのは1.の実際のスプレッド、つまり通常表示されているスプレッドではなく、スリッページを含んだ実際に約定できる際のスプレッドです。

 

「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」では、その他の記事の内容も鑑み、FX入門者から初心者脱却を目指している方にまで推薦できるFX会社8社を比較し、ご紹介していきます。細かく分析してありますので、中上級者の方の参考にもなるでしょう。

2020年1月版FX入門〜初心者おすすめ8社のBig Picture(概要)

各社解説ページはこちら 最低取引単位 米ドル円スプレッド
/買スワップ
(1万通貨換算)
ツールの機能と
使いやすさ
スリッページと
システムの安定性
外為どっとコム 1000  0.2銭/ 48円  ○ /○ 
SBIFX 1 0.19銭/50円 /
GMOクリック証券 10000 0.2銭/50円 /
DMMFX 10000 0.2銭/52円 /
外為オンライン 1000 1銭/50 /
マネーパートナーズFX/FX nano 10000
/100
0.3銭/15

0.4銭/45円

/

/◎

FXプライム by GMO 1000 0.6銭/41円 /
YJFX! 1000 0.2銭/49円 /
各社解説ページはこちら サポート体制 情報の質 システムトレード セミナー
外為どっとコム      
SBIFX
GMOクリック証券
DMMFX
外為オンライン
マネーパートナーズFX/FX nano
FXプライム by GMO
YJFX!

まず、上記の観点から、FX会社のビッグ・ピクチャーを見ながら比較していきましょう。

 

通常は指標の一つとされる通貨ペア数は、ギャンブル性の高いエマージング通貨をあまり推奨していないため、この比較表にはあえて入れませんでした

 

また、FX会社の安全性という指標ですが、「FX入門〜初心者におすすめ!取引時間、破綻時リスク、外貨預金と比較したコスト」にありますように悪徳業者は2005年に駆逐されていることと、以下に紹介する会社は全て他のサイトでも最も安全とされているため、これも比較表から省略致しました。

 

反対に、この比較表にはセミナーやシステムトレードの有無が追加されています。

 

メイン口座の比較には情報の質、セミナー、システムトレードの項目は無視していただいて結構です。どちらかというと、サブ口座の比較のために追加した次第です。

 

FXの中級者・上級者はメイン口座の他に、セミナーやニュースが充実した情報収集用、システムトレード用、外貨預金や中長期投資用など、複数の口座を比較後、開設していることが常識となっているためです。

 

いくつかの会社に口座を開設・実際に少額でもいいので運用し、比較することで長年付き合っていけるご自分に合ったFX会社を見つけられるはずです。

 

ファッションやスポーツグッズ、化粧品や香水などと同様に、FX会社においても、やはりご自分に馴染む取引画面やチャートなどのツール、信頼できると思える元プロのトレーダーらによる情報が必ず存在します。

 

適当に会社を選んで使い続けることは決してオススメ致しませんその後のFXでの収益に大きく影響してくるからです。ここが失敗しないFXの口座比較・始め方の最初のキーポイントです。

 

繰り返しになりますが、ご自分の感性に合ったFX会社を目的別に複数見つけることがFX入門〜初心者にとって「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」の要点を身につけるための最初の鍵となることを十分ご理解の上、各社の比較解説を参照くださるようお願い申し上げます。

 

なお米国の形式に習い、良い点は緑枠、普通は白、劣る点は赤枠で表示されています。

 

スプレッド/スワップ(2019年12月のデータを元に作成)についてはスプレッド重視ですので、スプレッドが良いがスワップが悪い場合は枠は緑で文字が赤、反対にスプレッドが悪くスワップが良い場合は枠が赤、文字が緑にしてあります。

 

シストレとセミナーはサブ口座用の指標でメイン口座を比較する上では重要でないため、枠ではなく文字のみを緑、黒、赤で優劣を比較しています。

 


今後公開された際には「FX入門〜初心者におすすめ!会社比較のやり方から複数口座開設までの流れ」もご参照ください。

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外為どっとコムへ

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | GMOクリック証券へ

2019年年版FX初心者おすすめ口座比較 | DMMFXへ

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外為オンラインへ

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | マネーパートナーズへ

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | FXプライムbyGMOへ

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | YJFX!へ

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | SBIFXトレードへ

FX初心者〜中級者にもおすすめ!「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」の記事

先生の5冊の著作を新たに編集した「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」では原則として2日毎に新しい記事が掲載されます。

FXの入門・始め方から、勝率アップのための15年間無敗だった元プロの常勝の秘訣や知識、手法・やり方を全て伝授します!!

 

先生の著書からなる本文の各記事にはFさんとX君の対話形式の解説記事も付加されています。15年間常勝の先生の知識・手法に「自分には無理〜」と共感できない場合には、失敗し続けた体験をもつFさんから反面教師として学べる部分もあると思われます。

 

解説では、現在の市況についての見通しとFさんとX君のポジションも書かれているので、参考になるかもしれません。

 

序章はFXどころか経済にもなじみのない本当の入門者向けのイラスト付き解説、第1章は入門〜初心者から中級者まで全ての方向けのFXを始める前に読むべき精神論、第2章から第7章は初心者から中級者向けのファンダメンタルズについて、そして第8章からは再び入門〜初心者向けのチャート問題集という構成になっています。

 

また、ツイートでは、「なんでこんなに相場が動いているの?」と中級者でも分からない日本のメディアに流れていない海外メディアの最新経済ニュースも原則として毎日配信していきます!

今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較用語集

今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較用語集も新たに追加しています。本文に出てくるFXや経済用語を英語の語源と日本語との比較や用例、注意点を交えながら、分かりやすく、楽しく解説しているので、FX入門者や初心者の方だけでなく経済って難しすぎと思っておられる方でも安心です!英語の勉強にもなります!

 

このサイトを熟読し、今井雅人直伝のFX手法をマスターすれば、入門者から今まで失敗し続けていた初心者、そして中級者まで、FXでの勝率アップは間違いないでしょう!!!

 

2020年 新着記事

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!