2020年1月版 FX入門〜初心者おすすめ8社口座スプレッド比較

スプレッド比較基準概要

このページでは「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」FX入門者からFX初心者脱却を目指している方におすすめの8社のスプレッドを比較しています。

 

米ドルから南アフリカランドトルコリラまで10の通貨ペアについてのスプレッドを比較しています。「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」は短期の投機ではなくデイトレやスイングトレードでの、5年から10年の長期での着実な資産形成を目的とした投資を勧めていますので、主要通貨ペアを中心とした通貨ペアが選定されています。

 

しかし、近年のトルコリラなどの高金利通貨の人気を鑑み、トルコリラ円と南アフリカランド円だけはリストに入れることにしました。ただし、高リスクのためか、YJFX!とDMMFXはトルコリラを扱っておらず、「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」と同じ意識なのかと好感がもてます

 

なお、スプレッド自体は各社のウェブサイトを基に算出したものとなります。キャンペーンを除外した2019年12月時点のデータとなります。

 

各通貨ペアは10点満点となっています。以下に各会社のスプレッドとスコアによるランキングを示し、FX会社別に解説とともにその特徴を比較していきます。

 

下段に示したスコアは最高の会社のスプレッドを10点として割合により算出しています。また、1万通貨と1000通貨単位の主力商品を元に計算しています。

 

例えば米ドル円の場合最高点がSBIFXトレードの0.29銭で10点。FXプライムGMOは0.6銭なので10➗0.6✖️0.29=4.833333なので5点として算出されています。トルコリラ/円を扱っていない会社についてはず9通貨ペアの点数を9で割り10倍して点数が計算されています。

 

1位. SBIFXトレード:95点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.19銭 0.49銭 0.38pips 0.69銭 0.89pips
0.1銭 0.30 0.3pips 0.40 0.80pips
10(11) 8(13) 8(10) 9(15) 10(11)
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
0.99銭 0.89pips 1.19 0.99 1.89
0.70銭 0.80pips 0.90銭 0.80銭 1.4
9(12) 9(10) 10(12) 10(13) 9(12)

上段:1千1通貨以上、下段1千通貨以下、固定制

 

この比較では1万1通貨以上を取引することが通常と考え、1千1通貨以上を9割、1千通貨以下を1割として計算してみましたが、その結果は92✖️0.9+117✖️0.1=95で1位となりました!

 

括弧内の点数が1千通貨以下の場合となっています。

 

SBIFXトレードのスプレッドは1千通貨以下ではクロス円に限らず全ての通貨ペアで117点と満点の100点を超え、業界最小となっています。

 

GMOクリック証券やDMMFXを除けば最小取引単位は1000通貨単位以下ですし、FX入門者や初心者が1千通貨以下で取引を行うという事を想定しますと最強といえるでしょう。

 

しかし、1万通貨を超えた取引になると同業大手他社と比較すると米ドル円で0.2銭に対して0.19銭とわずか0.01銭の違いです。スーパーでよく見かける500円ではなく499円という値付けにしているのと同じで他の主要通貨ペアについてもほとんど差はありません

 

また、ユーロや、ポンド、豪ドル円については競合他社の後塵を拝していますし、総合点も92点とGMOクリック証券やマネーパートナーズ、外為どっとコムと同得点となっています

 

「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」のスプレッド比較はこのように細かく分析していますので、業界最狭スプレッドをうたっているSBIFXのスプレッドも1001通貨以上では競合他社と比較してもそれほど差がないことがご理解いただけたのではないでしょうか?

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | SBIFXトレードへ
SBIFXトレード口座開設へ

2位. マネーパートナーズ:92点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.3銭 0.4銭 0.3pips 0.6銭 0.9pips
0.4銭 0.7 0.8pips 0.9 1.4pips
7(5) 10(6) 10(4) 10(7) 10(6)
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
0.9銭 0.8pips 1.2銭 1.0銭 1.9銭
1.2銭 1.9pips 1.8銭 1.9銭 3.8銭
10(8) 10(4) 10(7) 10(5) 9(4)

上段:パートナーズFX(10,000通貨単位)、下段パートナーズFXnano(100通貨単位)

 

マネーパートナーズのスプレッドは1万通貨以上のパートナーズFXを基本に他社と比較すると2019年9月時点では全ての通貨ペアで首位となり満点の100点でした!

 

しかし、12月時点では同業他社が10月からボラティリティの低い米ドル円のスプレッドを0.2銭としたため、他社を比較するとポイントを大きく下げてしまいました。

 

トルコリラ/円も1.9銭でトップ企業と比較すると0.2銭大きくなっています。

 

100通貨単位のパートナーズFXnanoでは9通貨ペアが赤色となっており、点数は括弧内になるもので合計すると56点となります

 

しかし、これはデモトレの代わりのFX入門者の練習用のための商品という位置付けですので、パートナーズFXを9割、パートナーズFXnanoを1割で計算しました。

 

その結果は92点となり業界最高のスプレッドは95点のSBIFXということとなりました。

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | マネーパートナーズへ

2位. GMOクリック証券:92点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.2銭 0.5銭 0.4pips 0.7銭 0.9pips
10 8 8 9 10
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
1.0銭 1.0pips 1.2銭 1.0銭 1.7銭
9 8 10 10 10

 

GMOクリック証券は米ドル円、豪ドル/米ドル、NZドル/円、南アランド/円、トルコリラ/円においては業界最高のスプレッドを提供、マネーパートナーズと並び2位の92点となりました。

 

2019年10月15日から米ドル円のスプレッドが0,2銭となるキャンペーンを開始しています。

 

その他の通貨ペアでも8点または9点であり、どの通貨ペアにおいても業界最高水準となっています。

 

スプレッド比較においてもSBIFXの千通貨単位以下を除いて考えると、SBIFXやマネーパートナーズに並ぶ業界トップの会社となりました!

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | GMOクリック証券へ

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

 

2位. 外為どっとコム:92点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.2銭 0.5銭 0.4pips 0.7銭 0.9pips
10 8 8 9 10
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
1.0銭 1.0pips 1.2銭 1.0銭 1.7銭
9 8 10 10  10

(2020年1月1日時点だがキャンペーンを適用していない数字)

外為どっとコムは2020年1月1日時点ではキャンペーンによりポンド/円0.8銭、ポンド/ドル0.7pips、豪ドル/円0.6銭のスプレッドを提供しています。

 

キャンペーン適用外の場合でも米ドル円、豪ドル/米ドル、NZドル/円、南アランド/円、トルコリラ/円においては業界最高のスプレッドを提供、その他の通貨ペアでも8点から9点と、どの通貨ペアにおいても業界最高水準となっています。

 

キャンペーンは今回に限った話ではなく、また、キャンペーンなしでもマネーパートナーズ、GMOクリック証券と並び2位となりました

 

スプレッドにおいては同業他社と比較しても業界最高水準の企業となったといっても差し支えないでしょう。

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外為どっとコムへ

5位. DMMFX:91点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.2銭 0.5銭 0.4pips 0.7銭 0.9pips
10 8 8 9 10
スプレッド(原則固定、例外あり)
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
1.0銭 1.0pips 1.2銭 1.0銭 扱いなし
9 8 10 10

 

DMMFXはGMOクリック証券と口座数において業界首位争いをしているわけですが、やはりGMOクリック証券と故意的に合わせているのではないかと思ってしまうように、少なくとも扱っていないトルコリラ/円を除く比較した9の通貨ペアにおいては全く同じスプレッドとなっています。

 

GMOがトルコリラ/円で10点のため総合点は1点劣る91点になりました。

 

2019年10月15日から米ドル円のスプレッドが0,2銭となるキャンペーンを開始しています。

 

スプレッド比較においてもSBIFX、マネーパートナーズ、GMOクリック証券、外為どっとコムに続く業界トップ水準の企業ということになります

 

2019年年版FX初心者おすすめ口座比較 | DMMFXへ

【DMM FX】申込

6位. YJFX!:89点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.2銭 0.5銭 0.4pips 0.7銭 0.9pips
10 8 8 9 10
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
1.0銭 1.0pips 1.2銭 1.3銭 扱いなし
9 8 10 8

 

YJFX!は89点で6位となりました。というか業界トップ企業であるGMOクリック証券を意識しているのか、扱いのないトルコリラ/円を除く全ての通貨ペアにおいて2019年9月時点では全く同じスプレッドとなっていました。

 

しかし12月時点では南アフリカランドにおいてGMOよりも大きく設定され、GMOが10点となったトルコリラ/円を除く合計点を9で割り10をかけたところ3点下となりましたが、差はそれだけです

 

YJFX!も、1001通貨以上のスプレッド比較においてはSBIFX、マネーパートナーズ、外為どっとコム、GMOクリック証券に続く業界トップ水準の会社と言っても過言ではないでしょう!

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | YJFX!へ

YJFX! 外貨ex

 

7位. FXプライムGMO:48点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
0.6銭 0.9銭 0.6pips 1.3銭 1.4pips
5 4 5 5 6
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
1.8銭 1.8pips 2.0銭 3.0銭 変動制
5 4 6  3  

 

FXプライムGMOのスプレッドはご覧のように赤枠だらけとなっています。これはセミナーや情報収集用の会社に特化してメイン口座はGMOクリック証券、サブ口座はFXプライムGMOという住み分けをGMOグループが考えているからかもしれません。

 

しかし、FXプライムGMOの紹介記事に書いたように、実質のスプレッドであるスリップページでは高い評価を受けているわけで、相場が動くイベントの際にはFXプライムGMO、通常はGMOクリック証券という住み分けも考えているのかもしれません。

 

また、2019年12月2日からのキャンペーンではユーロ/円のスプレッドは0.6銭、ポンド/円は1.1銭、豪ドル/円は0.9銭、NZランド/円のスプレッドは1.6銭となっており、お正月のフラッシュクラッシュが起きる可能性のある年末のこの時期にFXプライムby GMOにサブ口座として新規に口座を開設するのがおすすめです。

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | FXプライムbyGMOへ

FXプライムのトルコリラ

 

8位. 外為オンライン:27点

スプレッド(原則固定、例外あり)
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/ドル 豪ドル/円 豪ドル/ドル
1銭 2銭 1pips 3銭 2pips
3 2 3 2 5
ポンド/円 ポンド/ドル NZドル/円 南アランド/円 トルコリラ/円
4銭 3pips 6銭 15銭 6銭
3 3 2  1  1

 

外為オンラインは27点となっていますが、これはセミナーや情報収集に特化した会社と割り切ってのことだと思われます。

 

今井先生もおっしゃっているように、スプレッドが例えば米ドル/円の場合1銭な訳ですが、外貨両替で数円取られることを考えると、手数料としてみれば0.3銭も1銭も大差ありません。

 

スプレッドも大事ですが、それよりも「2020年版10の項目別8社比較(銀行口座や証券口座からの移管・スワップ等)」にあるように他の9つの面からFX会社を比較し、メイン口座とサブ口座を選択し、口座を開設することがより重要だと思われます。

 

2020年版FX初心者おすすめ口座比較 | 外為オンラインへ

株式会社外為オンライン外為オンライン

 

結論

 

「今井流初心者向けFX入門・始め方と口座比較」の結論としてはSBIFXがスプレッドについてはもっとも優れているという結果となりました。

 

しかし、1001通貨以上で比較すると、マネーパートナーズ、外為どっとコム、GMOクリック証券もSBIFXと同点の92点となっています。

 

そしてDMMFXも扱っていないトルコリラを除けばGMOクリック証券とほとんど変わらないスコアで業界最高水準のスプレッド(DMMFXはトルコリラを扱っていないので比例配分でGMOクリック証券より1点下となったが他の通貨ペアについてはは全て同得点)となっています。

 

しかし、繰り返しになりますが、今井先生が最も重視しているのは、スリップページや約定率を含めた実際のスプレッドがどの程度になるかということです。スリップページや約定率についての比較は別途行いますのでしばらくお待ちください。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!